CATEGORY

瞑想

冥想とは、心を静めて無心になること、何も考えずリラックスすること、心を静めて神に祈ったり、何かに心を集中させること、目を閉じて深く静かに思いをめぐらすことなどとされている。各々の宗教の伝統や修行の段階、目的等により内容は様々である。本来は冥想と書くと思われる。この呼称は、単に心身の静寂を取り戻すために行うような比較的日常的なものから、絶対者(神)をありありと体感したり、究極の智慧を得るようなものまで、広い範囲に用いられる。

「瞑想のやり方、より深い瞑想の基本と瞑想がもたらす3つの効果」

瞑想とは 一般的に瞑想は心を穏やかにし無心になることで心身をリラックスさせることです。歴史的に瞑想は宗教上の修行のおいて心を静め神への祈りを捧げる際や、神との対話、一体化などの非日常体験を得るための実践法として理解されており、神秘的な行為というものでした。 しかし近年、瞑想がもた […]

「禅定とは?禅定のやり方と智慧との関係について」

禅定とは 禅定(ぜんじょう)とは心を静めて一つの対象に集中するために行う瞑想のことを指します。 仏教の世界で使われている言葉であり、修行の一つとしてもとらえられています。 禅定の段階 そしてこの禅定には修行の進度に応じた段階があります。大きく分けると三グループに分けられ、さらに詳 […]