CATEGORY

禅は、精神を統一して真理を追究するという意味のサンスクリット語を音訳した「禅那」(ぜんな)の略で、坐禅修行をする禅宗をさす言葉です。 禅について書かれた文献はたくさんありますが、簡単に説明すると、自分自身の存在の真実を探すこと。 そのために禅僧は修行をするのですが、禅は普段の暮らしの中でも実践できます

「瞑想のやり方、より深い瞑想の基本と瞑想がもたらす3つの効果」

瞑想とは 一般的に瞑想は心を穏やかにし無心になることで心身をリラックスさせることです。歴史的に瞑想は宗教上の修行のおいて心を静め神への祈りを捧げる際や、神との対話、一体化などの非日常体験を得るための実践法として理解されており、神秘的な行為というものでした。 しかし近年、瞑想がもた […]

「禅定とは?禅定のやり方と智慧との関係について」

禅定とは 禅定(ぜんじょう)とは心を静めて一つの対象に集中するために行う瞑想のことを指します。 仏教の世界で使われている言葉であり、修行の一つとしてもとらえられています。 禅定の段階 そしてこの禅定には修行の進度に応じた段階があります。大きく分けると三グループに分けられ、さらに詳 […]

仏教・禅の智慧とは?智慧と知恵の違いについて

智慧(ちえ)とは 智慧を辞書で調べてみると、「物事の筋道が分かり、うまく処理していける能力」と書いてあります。あまりこの漢字の智慧にはなじみがないかもしれませんが、知恵と非常に似ている意味になっています。また、細かな違いは下で解説しているので、そちらをご参照ください。 また、智慧 […]