CATEGORY

正月事始め

正月事始めとは、お正月に年神様を迎えるための準備のことです。一般的に、12月13日に行われます。正月事始めに行うことは、すす払いや松迎えです。すす払いは、家の中のほこりやすすを掃除するだけでなく、厄を払うという意味も持ちます。松迎えとは、お正月に必要な松や薪を山から集めてくることです。現在は、松や薪はスーパーなどで売られているため、松迎えをする家庭は少なくなっています。

「羽織(はおり)とは?羽織の歴史について」

羽織(はおり)とは 羽織は、丈の短い着物の一種で、小袖の上から着る表衣です。 正月の特番などでは、着ている芸能人の方も多く見かけます。 羽織の歴史 羽織の歴史は戦国時代までさかのぼります。有力な武将などは、自分の家紋や好きな柄などをあしらった羽織を寒い冬の防寒具として使用していま […]