CATEGORY

空手

空手道(からてどう)または空手は、琉球王国発祥の拳足による打撃技を特徴とする武道である。起源には諸説があるが、沖縄固有の拳法の手に中国本土の武術が加味され、さらに薩摩藩示現流や夕雲流など日本武術の影響も受けながら発展した。

道着の歴史と各武道の道着構成について

道着とは? 柔道や剣道、空手などの武道や武術で使われることの多い道着。素材は吸水性が高く着心地の良い綿や、洗濯しやすいポリエステルであることが多くなっています。色は白、黒、紺などがあり武道の種類により使われる色は変わってきます。 道着の歴史 古くから道着というのは使われてきました […]

空手(KARATE)について その歴史や変遷を学ぼう

空手の歴史 空手は現在の沖縄県で琉球時代に発達した武術です。しかし、起源ははっきりとはわかっていません。その中で大きく2つの説が唱えられています。 1つ目は「久米三十六姓輸入説」です。1392年に中国(当時は明)から職能集団が集団移住してきました。彼らは琉球に学問や技能など様々な […]

柔術とは?柔術の派生や歴史について

柔術は日本の古武道の一つで、徒手と短い武器による攻防の技を中心とした武術です。 世界各国に様々な武術がある中でも、殺傷を目的とせず、拿捕や護身を目的としている点が特徴的で、柔術からの派生武術には柔道があるほか、 細かく分派していった流派にはブラジリアン柔術や、ヨーロピアン柔術など […]