CATEGORY

合気道

合気道(あいきどう・合氣道)は、武道家・植芝盛平が大正末期から昭和前期にかけて創始した武道。植芝盛平が日本古来の柔術・剣術など各流各派の武術を研究し、独自の精神哲学でまとめ直した、体術を主とする総合武道である。

道着の歴史と各武道の道着構成について

道着とは? 柔道や剣道、空手などの武道や武術で使われることの多い道着。素材は吸水性が高く着心地の良い綿や、洗濯しやすいポリエステルであることが多くなっています。色は白、黒、紺などがあり武道の種類により使われる色は変わってきます。 道着の歴史 古くから道着というのは使われてきました […]

柔術とは?柔術の派生や歴史について

柔術は日本の古武道の一つで、徒手と短い武器による攻防の技を中心とした武術です。 世界各国に様々な武術がある中でも、殺傷を目的とせず、拿捕や護身を目的としている点が特徴的で、柔術からの派生武術には柔道があるほか、 細かく分派していった流派にはブラジリアン柔術や、ヨーロピアン柔術など […]